[vc_row][vc_column][vc_column_text]今後数年間、私たちが投票所に行かなくても済む一連の法的理由があります。 総選挙 私たちがその一員として選ばれたのであれば。 投票所の一員であることは果たさなければならない責任であり義務です。 したがって、私たちはしなければなりません トリックを避ける o 虚偽の言い訳を使う 国民としての義務を怠った場合には罰金や懲役刑さえも科せられる可能性があるからです。

法律は、国内の投票所を回避するために法的に援用できるさまざまな理由を認めています。 次の総選挙は23月XNUMX日.

投票所の設置

23 年 2023 月 XNUMX 日に行われる選挙の場合、投票所のメンバーの抽選日は XNUMX 月末になります。 当選者には抽選後 XNUMX 日以内に通知されます。

各投票所は会長 XNUMX 名と委員 XNUMX 名で構成されます。 さらに、これらのポジションごとに XNUMX 人の補欠が任命されます。 各テーブルには合計で XNUMX 人の現職と XNUMX 人の補欠が必要となり、全員が選挙日に出頭して職務を遂行する必要がある。 そうでない場合、法律は XNUMX か月の懲役から XNUMX か月から XNUMX か月の罰金までの制裁を定めています。

しかしながら、規則はまた、抽選で選出され、会長または会員として対応する通知を受け取った後であっても、投票所の会員であることを主張することが不可能であることを認める特定の理由も考慮している。

告訴期間

投票所への参加者として選ばれたという通知を受け取った人は、XNUMX 日間の期間内にその主張を表明することができます (もしある場合)。 これらの主張は、「」に基づいている必要があります。その立場を受け入れることを妨げる正当かつ文書化された理由» そして、彼らは登録されている自治体に対応する地区の選挙管理委員会に出廷しなければなりません。

その後、理事会は提出された原因を評価し、上訴の可能性なしに XNUMX 日以内に解決し、申し立てが認められた場合は最初の補欠に交代が通知されます。

投票所のポータルである Info Electoral によると、この期間に加えて、投票所の会員でない理由を提示できる期限が他にもあります。 内政部.

その後、選ばれた人のいずれかがその立場を遂行できなくなった場合、選挙当日の少なくとも 72 時間前までに、適切な理由を添えてゾーン選挙管理委員会に通知しなければなりません。

その期間後に障害が発生した場合は、直ちに、かついかなる場合もテーブル構成の時間より前に会議に通知されなければなりません。 このような場合、取締役会は時間がある場合には対応する補欠に後任を通知し、必要に応じて別の補欠を任命します。

投票所を避ける理由

23 年 2023 月 XNUMX 日の投票所(総選挙にも有効)に参加することを避けられる理由は、個人、家族、職業上の XNUMX つのカテゴリに分類されます。 これらの各カテゴリの理由については、以下で詳しく説明します。

個人的な動機

23 月 XNUMX 日に投票所に行かなかったとして主張できる個人的な理由は次のとおりです。

  • 65年より古い (および/または特定の研究が不足している): 一般選挙制度の基本法に従って、65 歳以上の人は、通知を受け取ってから 7 日以内に投票所の一員であることを辞退することを表明できます。
  • 障害がある: 正式に認定された障害の程度は、投票所の一員である義務を免除されます。
  • 一時的または永続的に働けない状態になる: 社会保障が発行する絶対的または一時的な永久障害に対する年金を受給している人は、投票所への参加が免除されます。
  • 妊娠XNUMXか月または産休期間中であること: 女性が妊娠 XNUMX か月以内、または産休中の場合、投票所に参加する必要はありません。
  • 刑務所や精神病院に入院している: 刑務所または精神病院に入院している人は、この責任を遵守することが免除されます。
  • 投票所での経験: 選出され、過去 XNUMX 年間に少なくとも XNUMX 回投票所に参加したことのある人は、免除を申請できます。
  • 接近禁止命令が発効されている犯罪の被害者である: あなたが犯罪の被害者であり、有罪判決を受けた人または取り調べを受けた人に関して接近禁止命令を定める司法決議がある場合、投票所からの免除を要求することができます。

投票所を避ける家族の理由

家族関係に関連する理由もあります。

  • 授乳中の母親:赤ちゃんが生後XNUMXか月になるまでの自然授乳期間と人工授乳期間の間、母親は投票所に参加することが免除されます。
  • 8歳未満の子供や障害のある人の世話: XNUMX 歳未満の子供または障害のある人の直接かつ継続的な世話を担当する人は、この責任を免除されます。
  • 自活できない家族の介護: XNUMX親等までの血族の親族が、年齢、事故、病気などの理由で自力で自力で生活することが困難になった場合、免除を申請できます。
  • 家族にとって重要かつ緊急のイベントがある場合: 選挙当日に、延期できない特別に重要な家族の行事があり、その中止が重大な経済的損害を引き起こす場合には、免除を申請することができます。
  • 14 歳未満の子供の母親または父親であり、他に養育者がいない場合: 選挙期間中に 14 歳未満の子供の世話をできる唯一の親があなたである場合は、免除を申請できます。

専門的な理由

投票所に行かない場合の免除には、職業上の理由も含まれます。

  • 選挙管理委員会、裁判所、行政機関へのサービス: 選挙管理委員会、裁判所、選挙機能を持つ行政機関にサービスを提供しなければならない人々は、投票所の一員となることが免除されます。
  • 医師や消防士などの必要不可欠なサービスを提供する: 医師、医療従事者、消防士、国民保護など、地域社会にとって不可欠と考えられる仕事をしている場合は、免除を申請できます。
  • メディアの責任者になる: 一般情報メディアのディレクターおよび選挙日の報道を担当する情報サービスの責任者は、投票所の一員となることが免除されます。
  • 事前に予定されていた公開イベントへの参加: 選挙の呼びかけの前に予定されている公共イベントの組織に参加したり参加したりする人で、欠席により関連する経済的損害が発生する人は、免除を申請することができます。
  • 選挙人招集前に休暇旅行の計画を立てる、投票所の満員を保証しながら、経済的損害または重大な混乱を引き起こす中止を伴う。

前述の原因のいずれかは、関連する文書によって適切に認定される必要があります。これらの原因のいずれかに該当する場合は、対応する選挙管理委員会に投票所への回避申請を提出し、投票所から免除されることができます。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]